Express Navigeation

夜行バスで旅行に行こう|快適に過ごすために

車両コストを減らすなら

レンタルという選択

女の人

旅行先や長期間車を必要としている、という場合に便利なのがレンタカーです。1日単位で、ウィークリー、マンスリーなど、数日から長期間レンタルできるプランが一般的です。カーリースは3年以上の契約となっているので、利用期間が自由に調整できる点が、レンタカーの魅力です。レンタカーをウィークリーやマンスリーで利用するメリットとして、車庫証明などの必要手続きや、そのための費用も不要なので、必要なときにレンタルできるという点です。例えば、マンスリープランなどの長期のレンタルは、営業車、社用車などにも利用でき、起業したばかりの法人にもおすすめです。人員に合わせて必要な台数を必要な期間だけ借りることができます。その上、メンテナンスや任意保険も加入済みであることが多く、手軽に車を確保できます。また、マンスリープランなどは、長期レンタルするほど割安になります。レンタカーを借りる時の注意点としては、借りたい車種があるかどうか、付属品はどこまで付いているのか、保険、補償の内容、などをチェックしましょう。カーナビやスタッドレスタイヤなど、必要なものはオプションになっていることもあります。価格が安くても、オプションを付けると費用が高くなることがあります。また、万が一の時のために、保険、保証の内容を確認することは大切です。レンタカー会社によって加入している保険は異なります。また、車に傷があるかどうか写真におさめておくと、返却時に新しい傷がないかどうか比較することができます。

選び方のポイントとは

田舎

旅行や出張における全体の費用をみた場合、交通費以外に宿泊費が大きな割合を占めています。しかし、格安の宿泊先を選ぶことで節約が実現し、浮いた分は飲食代や遊興費と次回の旅費にまわすことが可能です。そこで注目されているのが格安の予約が可能な民泊で、規制緩和の動きとともに全国で物件が急増しています。外国人観光客向けのイメージが強い民泊ですが、格安で予約できることから、出張や観光など国内の利用者にも支持が広まっているのです。民泊の多くは専用サイトを介して予約するシステムであり、空き部屋を中心に提供されるため、ホームステイのような感覚で宿泊できます。ホテルや民宿ほどの設備や施設はありませんが、人数が多いほど格安で利用できることから、家族旅行の節約術としても注目されているのです。ワンルームから一軒家まで様々なタイプが存在していますので、利用人数に合わせた選定も重要なポイントとなります。一方、1人だからといって割高になることはなく、部屋の雰囲気や立地と値段から自由に選択でき、長旅や出張費の節約に効果を発揮することでしょう。民泊は内装や料金などオーナーの意向が強く反映されるため、予約時の対応や鍵の受け渡し方法が異なる場合があります。前回の利用先とルールが全く違うというケースも多々ありますので、予約前に確認を済ませておくと安心でしょう。近年は代行サービスが広まっていることから、オーナーではなくオペレーターの案内が増加しています。

船内のイベントで選ぶ

女性

東京湾クルーズは、少しリッチな遊びとして、デートや宴会などで利用する人が増加しています。東京湾クルーズには、色々なルートや船の中で行えるイベントなども変わってくるため、目的に合ったクルーズを選ぶことが大切です。レインボーブリッジやお台場、東京タワーなど、東京湾定番の景色を楽しみたいなら、お台場近郊のルートを周るクルーズがおすすめです。東京ディズニーランドやスカイツリー、東京ゲートブリッジなど、ロマンチックな景色を堪能したいなら、東京湾に向かうルートのクルーズがあります。船の中で食事やお酒を楽しみ、みんなで賑やかにクルージングをしたいなら、屋形船や御座船でのクルーズがあるほか、ワンランク上の食事や雰囲気を味わいたいなら、ダイニングルームや個室、プライベートデッキなどを備えた船でのクルーズもあります。東京湾クルーズは、セレブだけが利用する敷居の高いアトラクションではなく、さまざまな価格帯のものがあるため、予算に合わせて選べるのも魅力です。食事などがついておらず、東京湾を周遊するだけのクルーズなら、1000円ほどで利用できるものもあり、散歩気分で東京湾の景色を満喫できます。その他にも、船の中でコンサートや演劇、お笑いショーが行われるなど、エンターテイメントの充実しているクルーズもあるので、忘年会や新年会などにも最適です。東京湾クルーズはバラエティに富んだ楽しみ方ができるので、自分に合ったクルーズに参加してみてはいかがでしょう。

東京を船から楽しむ

レディ

東京湾クルーズが人気の理由は、レインボーブリッジなどの見どころが多いということと、夕方や夜の景色の素晴らしさ、素敵なお料理が楽しめるという点です。3千円程度のクルーズから、2万円程度の豪華なディナー付きのクルーズまで目的に合わせて楽しむことが出来ます。

View Detail

気軽に旅行する

風景

来日観光客が増えたことによって、日本の都市部の旅行代金の中でも特に宿泊費が高騰しています。近年法整備がされた民泊は、格安で宿泊を予約することができることもあり、旅行予約のもう一つの選択肢として考えることができます。

View Detail

車両コストを減らすなら

女の人

レンタカーは、1日単位でウィークリー、マンスリーなど長期間借りることができるサービスです。車庫証明などが必要なく、借りたいときに必要な台数を借りることができる点がメリットです。レンタルするときには、レンタルできる車種や付属品の有無、保険、保証の内容などをチェックすることがおすすめです。

View Detail