Express Navigeation

夜行バスで旅行に行こう|快適に過ごすために

東京を船から楽しむ

優雅で豪華な時間

レディ

クルーズというと、とても豪華で優雅な時間が過ごせるというイメージです。海の近い観光地ではよくクルーズ観光を行っています。いつも陸からしか見ていない景色を海の上で、船からみるとまた違った景色が楽しめて人気となっています。夕刻、夜の夜景などの景色を楽しむと同時に、豪華な船、素敵な食事を楽しめるのも特徴です。そんな中、東京で人気なのが東京湾クルーズです。東京湾クルーズの特徴は、景色の見どころが多いということです。レインボーブリッジやお台場、大井ふ頭、羽田空港も近いので滑走路や飛行機が飛び交う様子も見ることができます。このような、見所がたくさんある景色を楽しめるクルーズは東京湾ならではです。そんな東京湾クルーズは観光客に人気なのはもちろんのこと、カップルやご夫婦、ご家族、仲間同士の特別な日の特別なイベントとして利用されることも多いです。豪華な船で素敵な景色と料理を楽しむことは思い出に残る時間となります。東京湾クルーズの利用料金は、時間帯や料理によって変わってきます。ランチタイムでは5千円代から利用することが出来ます。お料理も様々で、5,6千円からディナーでは2万円程度のお料理もあります。お子様メニューもあるのでご家族でも安心です。船によっては食事付きだけではなく、2時間3千円程度の乗船料だけで気軽に東京湾クルーズを楽しむことも可能です。東京湾クルーズを楽しみたい時には、まず各会社のホームページを見て、時間やクルーズコース、お料理とお値段をしっかりとチェックしておきましょう。

選定は慎重に行おう

バス

長距離区間の移動手段として、人気を誇るのが夜行バスです。同じ区間を走る交通機関と比べて圧倒的なコストパフォーマンスの高さを誇る移動手段となっています。鉄道や飛行機と比べると参入している企業が多く価格競争やサービス競争が激しいと言うのが、リーズナブルな料金で利用が出来る最大の理由となっており、コストパフォーマンス重視派にとっては欠かせない選択肢です。その様なコストパフォーマンス重視派に魅力満載な夜行バスですが、夜行バスと一口に言っても利用するバス会社によって細部は大きく異なります。例えば、料金面一つをとっても、同じ区間を走る夜行バスでも利用する会社や便によって値幅があり、ある程度の相場はあるものの、社内の設備の違いや所要時間などで変動するのです。快適性を重視した3列シートタイプや個室タイプ、更には無線LAN、電源コンセントなど利便性を追求した車内設備を整えているバスもあり、これらの設備の有無が価格に大きく影響を与えます。特に夜行バスは深夜と言う時間帯に長距離を移動する為、通常以上にストレスを感じやすい環境となっています。その為、多少、料金が上がっても快適性や利便性を求めると言う方は多くいるのです。この様に競合が多く、競争が激しい夜行バス業界なので選択肢は豊富にあります。初めて夜行バスを利用する方は価格面だけで判断しがちですが、これらの設備面もしっかりと考慮に入れて夜行バスの選定を行うのが賢明と言えるでしょう。

低価格で乗れます

乗り物

福岡県内の福岡市を発着する高速バスは、九州隣県を結ぶ短距離路線網やそれ以外の九州各地・西日本・名古屋・東京といった長距離便の設定もあります。北九州・熊本・佐賀の近距離便に関しては、ライバル交通機関との競合があるので便数がとても多く、熊本便と北九州便は100往復を超える全国屈指の便数となっています。長距離便は1往復か2往復が基本となっていますので、繁忙期の予約はネットや窓口などで早めに行っておくと安心出来ます。福岡発着近距離高速バスの特徴としては、大人数を輸送(40人以上が乗れる)・運行間隔が短い・安価に乗れるといった点があり、並行在来線よりも安く乗れる場合もあります。長距離高速バスの特徴は、高級シート・トイレ付き・フットレスト・ブランケット等が設置されており、最近では車内で無料の無線LAN・充電設備も使えるバスが増えています。福岡発着の高速バスのチケット購入方法は、近距離タイプは車内で清算か事前購入のチケット(車内で購入できるチケットもあります)で支払う形式となっており、着順の座席定員制です。長距離高速バスは窓口やインターネットで購入する事が可能で、座席指定・事前予約制を採用しており、複数の価格帯を設けて運賃設定を行っているケースがほとんどです。長距離バスの場合は早割といった運賃を設けていますが、これは乗車日から遠ざかるほど割引率を上げているので、確実に乗る場合は早めの予約をしておきましょう。

東京を船から楽しむ

レディ

東京湾クルーズが人気の理由は、レインボーブリッジなどの見どころが多いということと、夕方や夜の景色の素晴らしさ、素敵なお料理が楽しめるという点です。3千円程度のクルーズから、2万円程度の豪華なディナー付きのクルーズまで目的に合わせて楽しむことが出来ます。

View Detail

気軽に旅行する

風景

来日観光客が増えたことによって、日本の都市部の旅行代金の中でも特に宿泊費が高騰しています。近年法整備がされた民泊は、格安で宿泊を予約することができることもあり、旅行予約のもう一つの選択肢として考えることができます。

View Detail

車両コストを減らすなら

女の人

レンタカーは、1日単位でウィークリー、マンスリーなど長期間借りることができるサービスです。車庫証明などが必要なく、借りたいときに必要な台数を借りることができる点がメリットです。レンタルするときには、レンタルできる車種や付属品の有無、保険、保証の内容などをチェックすることがおすすめです。

View Detail